アナリティクス人材の現状

近年の「データ駆動型社会」において、企業のデータ利活用が進まない大きな理由の1つに「人材不足」といったことが挙げられております。

しかし、企業のデータ利活用は、「データサイエンティスト」と呼ばれるような高度な分析を実行する人材が必ずしも必要な訳ではありません。

まずは、自社の人材のデータリテラシーを向上させ、「データへのアレルギーをなくす」「データから何が得られるか社員同士が議論できるようになる」といったことを目指すことが、長期的な視点での「データドリブン経営」への第1歩です。

こんなことでお困りではないですか?

avatar
部長さん
推進君、2週間後にお客さんに提案する、データを活用した新しいマーケティング施策についての資料は間に合いそう?
avatar
推進さん
いえ、それがまだなんです。分析するために必要なデータは分析会社に送っているのですが、なかなか分析結果が返ってこなくて。
avatar
部長さん
それはまずいね。進捗がどうなっているか問い合わせしてもらえる? ところで、分析を外部の会社に依頼するときってどれくらいのコストがかかっている?
avatar
推進さん
集計レベルの分析依頼でも1回30万円ほどかかっています。
avatar
部長さん
30万円!? それ自社でなんとかできないの??
avatar
推進さん
本社にはデータ分析専門の人材がいるのですが、手一杯みたいで・・・ かといって我々のような拠点にはそういったことができる人材はいませんし・・・
avatar
部長さん
データの扱い方を社員に教育しないといけないけど、なかなかねぇ・・・

実現できること

ROIを最大にする人材登用

データは、ただ持っているだけでは「コスト」になり続けてしまいます。
また、データを分析して得られた結果や考察がビジネス上の課題を解決したり事業価値の向上といったことに貢献しなければ、それもまた「コスト」のままです。

データ利活用の投資対効果を最大限に高めるためには、自社の課題解決に沿った人材を適切に配置することが必要です。
スキルセットや経験、業界への適応力などを踏まえて最小限の人材コストでデータ利活用から得られる価値を最大化することが可能です。

データ活用の「チーム化」

データ活用は、統計解析や機械学習といったことに詳しいデータサイエンティストと呼ばれる人材に任せるだけでは上手くいきません。

データから価値を引き出すためには「ビジネス」「サイエンス」「エンジニアリング」の3つの領域が必要とされており、それぞれの素養を持った人材を登用しチームとして運用していくことがデータ利活用成功への近道となります。

社員のデータリテラシー向上

近年では、データ分析の専門家ではない一般社員であっても、データの見方や扱い方のスキルを向上させ、データドリブン経営やデジタルトランスフォーメーションといった社会環境・市場環境・経営環境といった変化に対応することが求められます。

一般の社員に対しての分析の基本的な考え方や、手軽に始めることができる分析手法やツールの操作方法といったことをオンライン、ハンズオンといった形式で様々なニーズに対応しながら、お客様企業の全体的なデータリテラシー向上に貢献致します。

育成方法・活用制度の設計

1.求める人材像の明確化

経営理念やビジョンを踏まえた上で、データ戦略推進を支援するための「求める人材像」を明確にし、一貫性のある人材育成・活用の要件を定義します。

2.人事制度との連動

お客様の人事処遇制度(特に等級制度)との連動を図り、データ活用人材をどのような指標で評価するのかという、人事制度設計を行います。

3.研修メニューおよびトレーニングサービスの提供

方針策定、体系構築のみならず、具体的な教育メニュー(データマネジメント研修やアナリティクス関連の各種ラーニング、ハンズオンなど)を体系立てて整理します。
研修プログラムは弊社にてご提供も可能です。
キャリア形成支援のための「アナリティクス・キャリアセンター設立」の支援もいたします。
アナリティクスの現場を理解しているからこその、効用と限界を踏まえた現実的な設計が可能です。

ご契約までの流れ

1
お問い合わせ

メールで「初回無料相談」にチェックを入れ、てお問い合わせください。

2
担当者からヒアリングシートのご送付

弊社の担当者から、初回相談時に使用させていただくヒアリングシートを送付させていただきますので、初回相談時までにご記入ください。

3
初回無料相談

日程を調整のうえ、弊社コンサルタントがお電話あるいは訪問にて初回無料相談を実施させていただきます。
その際におおまかなお見積りもご提示致します。

4
ご契約

お見積りやコンサルティング内容にご同意頂けましたらご契約となります。

5
ご支援開始

ご契約に沿ったプランでご支援を開始致します。

お問い合わせ

こちらからお気軽にお問い合わせください。サービスについてのご質問などもございましたら遠慮なくご連絡ください。

    お名前 (必須)

    フリガナ (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    ハイフンなしでご入力ください。

    会社名/組織名 (必須)

    部署/支店名(必須)

    役職 (任意)

    業種 (必須)

    URL(任意)

    ハイフンなしでご入力ください。

    郵便番号 (必須)

    お問い合わせの種類 (必須)
    データ戦略構築支援データプロジェクト支援データ人材活用・育成その他

    お問い合わせ内容 (必須)

    弊社の「プライバシーポリシー」「個人情報の取り扱いについて」の内容をご確認いただき、ご承諾いただける場合は、「同意する」にチェックを入れてください。
    「プライバシーポリシー」はこちら

    「個人情報の取り扱いについて」はこちら