社名の由来

「SCEED(エスシード)」という社名には 、「SEED(種)」と「CEED(進む)」という言葉を掛け合わせた「未来に向かって種を蒔き、進んでいく」という意味が込められています。

SCEEDは、既存のやり方や考え方に捉われず、「未来に向かってチャレンジする精神」、「優しさ」を大切にし従業員・お客様と共に歩んでいく姿勢、そしてひとりひとりの夢を実現できる社会の発展へ向けて、価値を提供して参ります。

ミッション(使命)

アナリティクスの力で夢を実現できる社会を

我々の使命は、お客様の「ビジネス・アナリティクス」のご支援をすることによって、これまでにはなかった商品、サービス、価値観、ひいては暮らし方、生き方までを創り出す一旦を担うことです。

人工知能(AI)の開発・実用化や、自動車や家電といった「モノ」と「インターネット」を結びつける「IoT」、デジタルとリアルの様々なチャネルを駆使して消費者との関係を深めていく「デジタル・マーケティング」など、ここ数年の情報通信技術の進歩は目覚ましく、人々の価値観やライフスタイルが大きく変化していくなかで、我々は新しい未来に挑戦していきます。

ビジョン(目指す姿)

ビジネスとデータサイエンスの橋渡し

我々の目指す姿は、お客様の「ビジネス」と「データサイエンス」の橋渡しとなり、アナリティクスを企業経営にとってもっと身近な存在にしたい、ということです。

情報通信技術が発展する世の中において「データを分析する」ということは経営力の強化や高度化にとって非常に大切な要素です。
しかし、「データ分析」はあくまで手段であり、お客様にとっては「データ分析をすることそのもの」がゴールではないはずです。

近年、統計学や機械学習といった分野が発展し、「データサイエンス」という分野が生まれ、「データサイエンティスト」と呼ばれるような職業も確立されつつある中で、それらを適切に企業経営に活用できている企業はまだまだ一握りです。

我々は、「ビジネス」と「データサイエンス」の距離を縮めるための「橋をかける」ことによって、少しでも多くのお客様がデータサイエンスを活用し、未来に向かって価値のある企業経営ができるようにお手伝い致します。

代表からのご挨拶

SCEED代表の須賀と申します。私はこれまで様々な企業のアナリティクス・プロジェクトに携わって参りました。

その中で強く感じたことは、「この企業はデータ分析をすることによって何を実現したいのだろうか」ということです。

もちろん、明確な経営戦略や目標、目的があってアナリティクスに取り組んでいらっしゃる企業もあります。
ただ、これまで私が携わらせていただいたプロジェクトの多くは、「地図のないまま冒険に出かける」といったような「ロードマップのないデータ分析」であり、「そもそもこの分析は必要なのか」「この分析結果はビジネスに活かせるのだろうか」という危機感を非常に感じておりました。

近年、日本においても「データ分析ができる人材が足りない」「人工知能の開発ができる人材が足りない」ということが言われるようになりました。

しかし、私の経験からすると、いくら数学、統計学、アルゴリズム、プログラミング(これらを総じて「データサイエンティスト」とします)に強い人材を教育機関等で育てたとしても、「ビジネスにデータサイエンスを活用することで何を解決したいのか、実現したいのか」といったマネジメントができなければ、データサイエンスを企業経営の力に変えることは難しい、と感じています。

これからの時代はまさにそうした「企業経営のあり方」そのものへの真価が問われる時代です。

そうした中で、私は「アナリティクス・マネジメント」をご提供することで、お客様の「ビジネス」と「データサイエンス」の橋をかけたい、データの海あるいは雲の中で、どこに向かえばいいのかという「地図」も一緒になって作り上げていきたい、と考えて事業を始めるに至りました。

「世の中を良い方向へ変えていきたい!」「今までにないものを作り上げたい!」という挑戦心のある企業様とご一緒にお仕事をしていきたいと考えております。

「データ大航海時代」の中で生き残るために、キャプテン(お客様)の道しるべとなる地図を作り、まだ見ぬ地への橋をかけることが我々の役割です。

ぜひ一緒に「冒険」していきませんか!?


須賀 優樹 Yuki Suga

合同会社SCEED 代表社員。
大学院修士課程にてスポーツマネジメントを学び、統計解析によるリサーチ設計を研究にて活用。
データアナリストとしてキャリアを積み、2016年に独立。大手事業会社を中心としたデータ分析の最前線で活動しつつ、「アナリティクス戦略」の必要性を強く感じ、「アナリティクス・マネジメント」のコンサルティングを提供中。
スポーツ好きなことから、「サッカースクール」の代表者としての経営経験もあり、「経営と現場」を深く理解している。

SCEEDへのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ