事業内容

当社は、少数精鋭でスピーディーな「アナリティクスマネジメント・コンサルティング」をご提供する使命の元、「データアナリティクス」や「データ経営」といった領域において最適なソリューションをご提供しています。

コアとなるデータマネジメントにおいては、「データ活用戦略支援」「データプロジェクト支援」等の事業を通じて、お客様の「ビジネスとデータサイエンスの橋渡し」を目指しております。

また、日本において「アナリティクス人材」が圧倒的に不足している現状を改善し未来への種を蒔くために、これまでに培ったノウハウを元に 「アナリティクス人材育成・活用支援」 を行なうことで、データ経営時代のプロフェッショナル人材育成に貢献致します。

データマネジメント

データマネジメントはこれまで「データの分析基盤をどうやって構築するか」「どのようなデータベースを使うべきか」「データを分析しやすい形にするにはどうすればよいか」といったような、どちらかと言えば技術論的に語られることが多くありましたが、「国際データマネジメント協会」が提唱する本来の意味としては

データをビジネスに活かすことができる状態を継続的に維持、発展させるための組織活動

ということになります。

当社でも、この「データマネジメント」のガイドラインを活用してコンサルティングを実施しておりますが、そこに経済学やマーケティング、心理学といった視点を独自に加え、お客様の様々な側面を包括的にご支援できるように努めております。

本来、こうした「データマネジメント」の道筋をしっかりと描き、機能するからこそ「データ分析」における企業の価値向上が実現できるのですが、世の中の様々なデータ分析プロジェクトや分析業務はこうした視点で実行されることが少なく、「とりあえずデータを活用しないといけない」や「人工知能でなにかできないか」といったような、分析や開発そのものが目的化してしまうケースが非常に多く見受けられます。

当社ではお客様が目指すビジネスの目標・課題の解決や、フェーズや環境に合わせた「データマネジメント」を「オーダーメイド」でご提供し、ビジネスにデータの力を最大限に活かせるようにご支援を致します。

ご提供するサービス

当社では「アナリティクスマネジメント・コンサルティング」として大きく3つのソリューションをご提供しております。

データ活用戦略支援

お客様のあるべき姿やのビジネス課題を踏まえ、データを活用して経営力の向上を図ることを目標に、アナリティクスを経営戦略・事業戦略に落とし込むコンサルティングを実施します。

データプロジェクト支援

アナリティクス関連のプロジェクトにおいてビジネスとデータサイエンスの橋渡しをするデータマネジメントをご支援し、分析から得られる結果の最大化致します。

アナリティクス人材育成・活用支援

アナリティクス推進における社内での人材育成やデータ分析人材の採用、社外のリソース活用などをご支援致します。

当社を選んで頂くメリット

当社を選んで頂くメリットとして、アナリティクス関連のプロジェクトに関わるいくつかの投資コストと比較してご説明致します。

①コンサルティングファームとの比較

都心のコンサルティング会社(特に外資や大手)になると、提案だけで数百万円規模になります。
また、単価が高いため短期間の「プロジェクト型」になりやすく、遠隔地であるほどコミュニケーションロスが大きくなり、結果的に長く続けることができないという面があります。

当社では基本的に最低ご契約期間を6か月とさせて頂いており、じっくりとお客様と向き合いながら実行可能な戦略作りや分析をお手伝いさせて頂きます。
また、当社は少数で活動を行っているため、フットワークが軽く、首都圏以外のお客様とのお取引においても、コスト的にもコミュニケーション的にも大きなメリットをご提供できます。

②経営コンサルタントとの比較

コンサルタントの代表格には中小企業診断士をはじめとした経営コンサルタントの存在があります。


経営コンサルタントには事業の全体を見て判断しアドバイスができるというスキルがありますが、当社は「データ時代」の変化に対応すること、データを活用して企業価値向上を目指すという点で専門性を発揮しており、経営コンサルタントとは担っている個所が異なります。
さらに、デジタルマーケティングの高度化やIoT、人工知能の発展といった市場においては既存のビジネスモデルやフレームワークで対応することが難しくなり、これもまたデータマネジメントやデータ分析、統計学、機械学習等を理解したコンサルタントの方が、より差別的優位点と考えることができます。

ただし、「データマネジメント」を推進するためには「データ」そのものだけでなく、融資などの金融面、人事、労務、法務、サービス開発、営業など他の専門家のサポートが不可欠な場合があります。
このようなシーンでは中小企業診断士や税理士、社会保険労務士など様々な専門家のサポートが重要になりますので、必要に応じて一緒にお客様をサポートさせていただきます。

③分析専門会社との比較

データを活用する、データ分析を実施する、という点では、当社は分析専門会社と業務が重なります。

ただ、当社はデジタル時代・データ時代の競争環境の変化に対応するために「データ戦略」を描くお手伝いをし、お客様がユーザーから「選ばれる理由」つくるということを専門にしております。

単純に「多変量解析をやりましょう」「機械学習やAIを導入しましょう」という分析手法や技術ありきでは、分析から得られる結果がビジネスに活用できず「コスト」で終わってしまう可能性がありますが、しっかりとした「データ戦略」を立て、データ活用を行えば、それは大きな投資効果を生みます。

ただし、戦略立案のフェーズが終了し、実際にデータを分析するフェーズに入った場合は、専門会社が抱えるエンジニアやデータサイエンティストといった専門職と一緒にお客様をサポートさせて頂く場合がございます、

④スタッフ採用との比較

データ分析のプロフェッショナルの求人はニーズが非常に高く、大企業や大きな資本を持つ企業以外は、採用はとても困難な状況なあります。


また、このようなスタッフはデータベースからのデータ抽出や加工、プログラミングや分析ツールなどを使用しての分析の実行はできても、事業の課題や本質を理解し、分析設計から提案・実行までと戦略から戦術までをワンストップで行える人材はとても希少であり、年収は数千万円に上ります。

もし採用できたとしても、採用コストや福利厚生費、教育費などで給料の倍近くの固定費が毎年ずっと発生します。

当社ではこの人材を外部から補い、必要な時に必要なだけ使っていただけるというメリットがあります。
データ分析はいきなりホームランを狙うのではなく、「小さなヒットを積み重ねる」ことが大切です。
そのためには、いきなり大きな固定費となってしまう投資は避け、変動費として少しずつ改善を重ねていく方法が確実です。